あいだ小児・矯正歯科

お口の成長を育てるこども歯科
電話にて予約をおとりください
 052-752-8888
お問い合わせ

矯正歯科

 スライド2.JPG
「すぐに始めないといけないといけないですか」
「いつ始めればいいですか?」

「矯正しなくちゃいけないですか?」

「とりあえず、すぐに顎をひろげましょうと他の歯医者に言われたんですが」

相談に見える方がよく言われることです。答えは、「人それぞれです。歯が萌えてこないとかは別ですが、すでに萌えているなら矯正する時期はいつでもいいです。とりあえずやすぐには問題外です。」と答えさせていただきます。

  それでも専門家として適切と考える時期は、乳歯が抜けて永久歯が萌え替わる6才頃から10才頃です。体が成長する時期で顎の形を変えやすく、歯並びとかみ合わせ、また口元の形をきれいにしていきやすい時期と考えます。それでも歯と受け口では最適な開始時期が異なりますので、豊富な臨床経験と専門知識から判断しなくてはいけません。

 また、矯正をしている期間は少しでも短く、小さな装置ですめば子供たちの負担が少なくなります。それでも矯正するのは子供です。全くやる気がなければ矯正治療はうまくいきません。受験や部活やいろいろな事が関係してくる時期ですので、じっくり相談をしてから決めましょう。

 下の写真の子供さんは乳歯が残っている時に精密検査し、1期治療で顎の形を整え、2期治療でブラケットを使い第二大臼歯までの本格矯正(広範囲矯正)をしました。矯正終了後はむし歯の1本もないきれいな歯並び、きれいな口元をとても好きになってくれました。

 うれしいですね。子供たちが喜んでくれることは。

矯正前後HP用.JPG

矯正治療のすすめ方は下の表の通りです。

ひとりずつ歯並びも顔かたちも習慣もすべてが違います。

心配なことがあれば話を聞きに来てください。それから矯正するのかどうかは自由です。

電話での予約時に「歯並びが心配と」お伝えください。

矯正治療チャートHP改善.JPG

 

2020.10.28 Wednesday